小児歯科|徳島県徳島市で小児歯科や小児予防歯科をお探しなら石田歯科医院

〒770-8005
徳島県徳島市津田
浜之町1番28号

 
09:00~13:00
15:00~19:00

休診:日曜・祝日

小児歯科

小児歯科のご紹介です。

お子さまとのお約束

まずはゆっくり
歯医者さんに慣れてもらう
ことから始めます。

お口を開けてくれるまで、
無理にお口の中を
見ることはしません。

無理やり治療を
することはしません

こちらのペースで一方的に治療をすることはせずに、まずはお子さまのペースに合わせて
イスに座ったり、ライトを当てたりなど歯医者さんに慣れてもらうことから初めていきます。
ですので、保護者の方もお子様が歯医者さんになれるまで、ご来院のご協力をして頂きたいと思っております。 そしてお子さまの頑張りを是非、褒めてあげてください。

お子さまのお口の健康を一緒に守っていきましょう!

当院の小児歯科の特徴

  • こども用歯科手帳

    こども用歯科手帳が無料

    診察・治療の経過を記録する「こども用歯科手帳」をひとりひとりにお渡ししています。
    歯の仕組みなどをイラストつきで解説してあるので、お子様でも楽しく読んでいただけます。
    また、親御さんからもお子様の成長の記録のひとつとして大変ご好評をいただいています。

  • キッズルーム完備

    キッズルーム完備

    診療を待つ時間を楽しく過ごせるように「キッズルーム」を完備しています。おもちゃや絵本を用意しているので、待ち時間もあっという間に過ぎてしまいます。
    「歯医者さんは楽しいところ」というイメージを持っていただければ幸いです。

  • おむつ交換スペース

    おむつ交換スペースあり

    おむつが取れていないお子様でも安心してご来院いただけます。
    歯が生えたばかりの赤ちゃんの時から検診をおこなっていただくことがベストです。

  • 頑張ったお子様へご褒美

    頑張ったお子様へご褒美

    診療を待つ時間を楽しく過ごせるように「キッズルーム」を完備しています。おもちゃや絵本を用意しているので、待ち時間もあっという間に過ぎてしまいます。
    治療を頑張ったお子様に「ガチャガチャ」や「シール」などをご褒美にお渡ししています。
    お子様が笑顔で帰っていただければ嬉しいです。

むし歯の感染について

むし歯の感染について

生後間もない赤ちゃんの口内には、「むし歯菌」は存在していません。

実は口内にむし歯菌が感染する原因の多くは、「お母さん」や「お父さん」。
同じ食器をつかったり、食べ物を噛み与えしたりすることで、むし歯菌がお子様の口内に移ってしまうと考えられています。

乳歯のむし歯は放っておいても大丈夫?

「乳歯は抜けるから、むし歯でも大丈夫!」というのは大きな間違いです。
乳歯は永久歯が生えてくる時の「道案内」の役割ももっているので、乳歯がむし歯だとこれから生えてくる永久歯にも大きな影響を及ぼします。

また、乳歯は歯質がやわらかく、むし歯も進行しやすいのでどういった症状であっても、発見次第に治療をおこなっていただくことをオススメしています。

歯科医院で行うむし歯予防

ブラッシング指導

ブラッシング指導

健康な歯を保っていくためには、お家での正しいケアが必要です。磨き残しが少なくなるように、ブラッシング方法をご指導させていただきます。

また、親御さんにもただしい仕上げ磨きの方法をご指導させていただきますので、ぜひお家でのケアに役立ててください。

フッ素塗布

むし歯を予防するためにフッ素を歯に塗布します。フッ素は歯質を強くしたり、むし歯菌を抑制させる働きがあります。
また、初期段階のむし歯であればフッ素を塗布のみで治療できる場合もあります

シーラント

シーラント

むし歯になる前に奥歯の凸凹を埋めて、磨き残しを少なくさせる予防法です。
白くで薄いプラスチックで凸凹を埋めるので見た目も美しく、会話や食事の邪魔になったりすることはありません。

ご家庭でのむし歯予防のポイント

歯が生えたら歯医者

歯が生えたら歯医者

歯が生えたばかりの赤ちゃんの時から検診をおこなうことをオススメしています。ここで親御さん自身にもお子様の口内の状態を知っていただきたいです。

また、早いうちからお子様に歯科医院に慣れていただくことができるので、安心・安全に治療をおこなうことが可能です。

親御さんからの感染を防ぐ

同じ食器などをつかわない。噛み与えはしないなど、普段から気をつけていただくことが望ましいです。
できるだけお子様の口内に、むし歯菌の発生を遅らせることで、むし歯のリスクを軽減させることができます。

食事、おやつの時間を決める

むし歯菌が一番活動しやすいのは、口内が酸性の時です。口内が酸性になるのは食事の直後。
ですので、食事をだらだらと食べているのと口内が常に酸性のままですので、むし歯菌の活動しやすくなってしまいます。

糖分を控える

むし歯菌のエサとなる、糖分を予め控えるのもむし歯の予防につながります。
おやつは甘いお菓子ではなく、ふかしたお芋やお煎餅などが好ましいです。

食後のブラッシング

食後のブラッシング

食べカスを放置せずに、毎食後ブラッシングをおこないましょう。
また、1日1回は親御さんに仕上げ磨きをしていただくのがベストです。

いつまでも健康な歯を保てるように、小さなうちから予防に取り組みましょう!