診療科目のご紹介です。

一般歯科

徳島 石田歯科医院の一般歯科

・むし歯治療

一般歯科では、乳幼児からお年寄りの方まで、虫歯や歯周病の治療、
入れ歯の作成・調整などを行います。
患者様が歯科医院に通院した際に受ける歯科治療の大半が、一般歯科の範囲となります。

定期検診で予防・リスク管理をしっかりと行うことで虫歯をつくらないことが一番よいのですが、痛くなった時だけ歯医者に行く、または少し痛みがあったが治ったのでそのままにしているという人は多いと思います。

虫歯はほとんど痛みがないまま進行し、急激な痛みが出た時には神経の処置が必要となることもあります。

一度できてしまった虫歯は自然に治ることはありません。

早期に治療すればするほど削る量も少なく、痛い思いをする可能性も低くなります。当然、治療にかかる時間や費用も少なくなります。
早期発見が非常に大事になるため、少しでも気になる症状がある方は一度来院なさってください。
当院では、歯をできるだけ削らず残す方針で、痛みの少ない丁寧な治療を心がけています。

徳島 石田歯科医院の歯周病治療

・歯周病

「ブラッシングの際に血が出る」「歯ぐきが腫れている」といった症状がありませんか? もしかしたらそれは、歯周病の兆候かもしれません。日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30代の約8割が歯周病だといわれています。

歯周病は、細菌感染症の一種で、歯周細菌と呼ばれる細菌が、歯茎の内側に入り込むことで発生します。歯周病が進むと、歯ぐきだけではなく、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)にまで炎症が及びます。進行を抑えられなければ歯を支えることが困難になり、最終的には歯を失ってしまう恐ろしい病気です。

歯周病の進行を止めるためには、
原因となっている歯周病原菌を減少させていくことが大事になってきます。細菌の塊、温床である歯垢、歯石を取り除いていくこと、糖尿病をはじめとする全身的な危険因子を改善すること、また生活習慣の改善患者様自身の良好なプラークコントロールが必要となるため、医院と患者様と二人三脚で治療に取り組んでいくこととなります。

磨き残しなどから縁下歯石となってしまうと、字のごとく石のように硬いため、歯ブラシでは落とせません。専用の器具を使い一度しっかりと歯石除去をすることで予防になる上にお口の中もすっきりとするはずです。

歯周病について詳しくはこちら

小児歯科

・歯医者さんの最初のイメージが大切です

多くのお子様は、歯医者さんに行くことを怖がってしまうと思います。
無理やり口を開けられたり、何をされるかわからない状態で、口の中に器具を入れられたり、、、
そんな状態で痛くて怖い思いをしたら、お子様はますます歯医者を嫌いになるかもしれません。
こんなことを繰り返せば

むし歯が痛くて来院→怖い思いをする→もう歯医者さんに行きたくない→ますますむし歯が悪化

子どものむし歯治療

という悪循環が起こってしまいます。

つまり歯医者さんの最初のイメージがとても大切です

恐怖心がついてしまうとなかなかぬぐい去ることはできません。

はじめに歯医者さんは楽しいところなんだというイメージをもってもらうことが大事です。歯医者を好きになってもらうことが、健康な永久歯への近道だと考えています。

小児歯科について詳しくはこちら

矯正歯科

徳島 石田歯科医院の矯正歯科

楽しくおしゃべりをしたり、親しい人と食事をしたり、笑ったり…。
人が人らしく生活する上で口が果たす役目や影響力はとても大きなもの。
乱れた歯並びは外見への影響はもちろん、体の健康や自分の内面にも大きく影響します。
歯並びの矯正は体全体の美と健康の重要なカギ。
もう一度自分の口元から見直してみませんか?

インプラント

徳島 石田歯科医院のインプラント

インプラント治療とは、歯の失われた部分の顎の骨に人工的な歯の根っこを埋め込み、
その上にセラミックなどで作られた人工の歯を被せる治療方法です。
日常生活における違和感や痛みに悩まされることがないので、自分の歯と同じような感覚で、
食事や会話を楽しむことができます。

ホワイトニング

徳島 石田歯科医院のホワイトニング

毎日の歯磨き、歯科医院でのデンタルケアで落とすことが難しい、歯の内部の色素沈着を、薬剤やレーザーにより落としていきます。
歯の表面を削ることなく、色素を分解することで歯を白くすることができます。
笑顔の時にのぞく白い歯はとても魅力的で、自分への自信を持てるようになります。

ホワイトニングについて詳しくはこちら

予防歯科・お口のメンテナンス

徳島 石田歯科医院の予防歯科・お口のメンテナンス

代わりのない大切な歯。だからこそ、ご自宅でのケアと歯科医院でのケアの両方で、大切に守りましょう。せっかく時間をかけて虫歯を治しても、治療後に粗末に扱ってしまっては、頑張って通院した努力も水の泡。
更に治療を繰り返すと歯はどんどん弱くなり、最終的には歯を失ってしまうかもしれません。ご自分の歯をできるだけ長く保つためには、治療の前の「予防」が非常に大切です。今だけの治療ではなく、将来を見据えたお口の健康づくりを始めましょう。

予防歯科について詳しくはこちら