徳島県徳島市で歯列矯正やホワイトニングなら審美歯科としても定評な歯科・歯医者 石田歯科医院へ

徳島の石田歯科医院の電話番号

徳島の石田歯科医院の地図

〒770-8005
徳島県徳島市津田
浜之町1番28号

 
09:00~13:00
15:00~19:00

休診:日曜・祝日

徳島の石田歯科医院の24時間予約システム

ブログ

徳島 石田歯科医院

ホワイトニングで歯が白くなるメカニズム

徳島市の石田歯科医院では、歯の黄ばみを白くしたい方にホワイトニング治療をご提供しています。
ホワイトニングという言葉はよく耳にすると思いますが、「なぜホワイトニングをすると歯が白くなるのか」をご存知の方は少ないでしょう。

 

そこで今回は「ホワイトニングで歯が白くなるメカニズム」について、詳しくご紹介したいと思います。

 

ホワイトニングとクリーニングの違い

 

ホワイトニングの仕組みをお話しする前に、ホワイトニングとクリーニングはどのように違うのかをまずご説明しておきましょう。

 

歯が黄ばんでしまう原因には、歯の表面に付いた着色汚れと、歯の内側に染みこんだ着色汚れの2種類あります。

 

歯の表面に付く着色汚れで代表的なのがステインです。ステインは陶器の「茶渋汚れ」と同じく、食べ物や飲み物に含まれる着色物が歯の表面に付着したものです。このような汚れはクリーニングによって取り除くことができ、その歯が持つ本来の白さを取り戻すことができます。

 

一方で歯の内側(エナメル質)に染みこんだ黄ばみ汚れは、クリーニングで落とすことができません。そこでこのエナメル質内にある着色汚れを、特殊な薬剤を使用して漂白していくのがホワイトニングとなります。

 

なぜホワイトニングをすると歯が白くなるのか?

 

ホワイトニングで使用する薬剤には、『過酸化水素』や『過酸化尿素』などの漂白成分が含まれています。私たちの身近なものでいえば、衣類の漂白に使う酸素系漂白剤にも同類の成分が含まれており、白くするメカニズムも同じです。

 

過酸化水素や過酸化尿素を含む薬剤を歯の表面に塗布し、そこに熱や光を加えると活性酸素が発生します。この活性酸素がエナメル質の内側にある着色汚れを分解、漂白しています。

 

ただ実際にこの作用だけでは歯は白くなりません。エナメル質は半透明なので、着色汚れを漂白してもその下にある象牙質の色を透かせてしまいます。歯は加齢によっても黄ばんでいく傾向にありますが、これはエナメル質が薄くなりその下の象牙質をより強く透かしてしまうからです。

 

残念ながらホワイトニングではこの象牙質まで白くすることはできません。ただエナメル質の表面をマスキングして、象牙質の色を透けにくくすることはできます。

 

ホワイトニング剤は着色物を漂白するのと同時に、エナメル質表面の結晶の構造を変え一時的に「くもりガラス」のような状態を作り出します。これによってエナメル質の表面で光が乱反射してしまうため、結果的にその下の象牙質の色を見えにくくして歯を白くみせることができます。

 

 

医院名 石田歯科医院
所在地 770-8005 徳島県徳島市津田浜之町1番28号
電話番号 088-624-8217
URL
業務内容 歯科
説明 徳島市津田浜之町の歯医者、石田歯科医院です。むし歯治療・歯周病治療・ホワイトニング・矯正治療・インプラントなどお任せください。
徳島県庁より車で9分の立地なので通いやすいです。ゆったりとした駐車スペースなので安心してご来院いただけます。
石田歯科医院では特に患者さまとのコミュニケーションを大切にいたします。
しっかりと治療内容を説明させていただき、患者様の疑問や不安を取り除き、信頼関係を築いて治療を進めます。
また、石田歯科医院ではできる限り、痛みの少ない治療を行っております。
患者さまの歯科医院に対する苦手意識を取り除くことも大事な治療の一環と考えておりますので、
痛みに対する不安などは事前になんでもご相談ください。