歯周病治療・むし歯治療は、徳島県徳島市の歯科・歯医者の歯周病に強い石田歯科医院

徳島の石田歯科医院の電話番号

徳島の石田歯科医院の地図

〒770-8005
徳島県徳島市津田
浜之町1番28号

 
09:00~13:00
15:00~19:00

休診:日曜・祝日

徳島の石田歯科医院の予約システム

徳島 歯周病

徳島の石田歯科医院の歯周病の治療についてです。歯周病は、歯周病菌が歯ぐきの内側に入り込み、歯周組織が炎症を起こしてしまう病気です。放っておくと炎症が歯を支えている骨にまで及び、最終的に歯が抜けてしまいます。歯周病の進行を止めるためには、歯周病菌の温床となる歯垢、歯石を定期的に取り除き、歯周病菌の数を減少させる必要があります。

徳島 石田歯科医院の歯周病治療のポイント

歯周検査を行って、歯周病の治療計画をたてます

当院ではまず、出血の度合いや歯周ポケットの深さ、汚れの付着具合などを診てから、患者様ひとりひとりに合った治療法をご提案させていただいております。

担当の歯科衛生士がお口のケアをサポートします

患者様の口内のケアがきちんとできるように、担当の歯科衛生士が治療完了までサポートいたします。
術前から術後まで経過をしっかり把握することが可能ですので、患者様も安心してお任せいただけると思います。

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は「歯周病細菌」が歯ぐきの内側に入りこみ、炎症をおこす病気です。
症状が重症化すると歯を失ってしまう場合もあり、実際に歯を失っている人のほとんどの原因となっているのが歯周病です。

一度、罹ってしまうと自然治癒することはありませんので、「歯ぐきが腫れている気がする」「歯ぐきから血が出る」という場合は早めのご来院をオススメします。

歯周病に関するコラム

徳島 石田歯科医院の歯周病に関するコラム

歯肉炎と歯周病の違いとは?
テレビのCMなどでよく耳にする歯肉炎や歯周病という言葉。
どちらも歯ぐきの病気だということはわかっても、「歯肉炎と歯周病ってどう違うの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
続きを見る

歯周病を予防するために
歯周病を予防するためには、この『プラーク』をできるだけお口の中に残さないようにすることが大切になります。
そのために必要なのは、皆様がおこなう日々のセルフケアと私たち専門家がおこなうプロフェッショナルケアです。
続きを見る

歯周病の治し方
歯周病が歯周病菌によって引き起こされる病気であることはご存知の方も多いでしょう。
歯周病を治すためには、今後この歯周病菌をお口の中からいかに減らしていくかが鍵となってきます。
続きを見る

歯周病と糖尿病の関係
歯周病は虫歯とならび歯科の2大疾患として広く知られています。
さらに近年、歯周病はお口の中だけでなく、体の健康にも影響を及ぼすことが明らかとなってきました。
続きを見る

歯周病の進行と治療方法

歯肉炎

・歯肉炎 歯周ポケット 2~3mm程度

歯ぐきがやや腫れているように見えます。健康な歯肉は、歯と歯の間がキレイな三角形の形をしていますが、やや丸みを帯びているように感じます。

この場合の治療は歯垢・歯石を取り除き、口内を清潔にすることで改善が見込まれます。
少しおかしいな?と感じた時にご来院いただければ幸いです。

初期の歯周病

・初期の歯周病 歯周ポケット 3~4mm程度

歯肉炎よりも、やや症状が進んだ状態です。
歯ぐきがやや腫れていて、ブラッシングをすると血がでる場合があります。
しかし、症状はそれほどひどく感じないので、歯周病を発症していることに気づかない人がほとんどです。

治療法は口内の徹底的なクリーニング。重症化する前に歯科医院での診療が必須となります。

中期の歯周病

・中期の歯周病 歯周ポケット 4~5mm程度

歯ぐきは赤く腫れあがり、ブラッシング時には血がでることがほとんどです。
また、歯ぐきが痩せ始めているので、歯が長くなったように感じます。

プラークコントロール後、歯石の除去をおこないます。歯周ポケットの改善が見込まれれば、治療完了です。

重度の歯周病

・重度の歯周病 歯周ポケット 5mm以上

口臭が強く、歯ぐきは赤紫色に腫れます。歯を支えている骨も溶けていて、食事を困難に感じます。
最悪の場合、歯を失ってしまうこともあるので、放置せずに診療を受けてください。

プラークコントロール、歯石の除去、外科手術をおこなう場合もあります。

歯周検査について

歯周病を検査する主な項目は以下の通りです。

  • 口腔内の確認

    歯周病になると、歯ぐきが赤く腫れ、出血を伴います。
    まずは、歯ぐきがどのような状態になっているか確認を行います。

  • 歯周ポケットの測定

    プローブという器具を用い、歯周ポケットの深さを測定します。
    歯周病が進行していると、歯周ポケットは深くなります。

  • 歯の動揺度の検査

    歯がどのくらいグラついているか確認をします。
    歯周病の進行が進むと、歯を支えている顎の骨まで影響が及びます。

  • レントゲン撮影

    レントゲン撮影を行い、歯を支えている顎の骨の状態を確認し、歯周病の進行状態をチェックします。

これらを確認してどの程度に歯周病が進行しているか断定いたします。

定期的なケアが重要

定期的なケアが重要

歯周病は誰でも発症する可能性のある身近な病気です。
しかし、日々のケアを正しくおこなえば防ぐことができる病気でもあります。

正しいホームケアに加え、定期的なメンテナンスをおこなえば、一生健康な歯・口内を保つことができますので、当院と一緒に口内環境を見なおしていきましょう。